同窓会 シーン別ファッションの悩み

同窓会の服装、田舎の場合は張り切り過ぎないのがポイント!?

更新日:

同窓会の招待状が届いた時にまず頭に浮かぶのは服装のことではないでしょうか。

久しぶりに同級生に会えるのはもちろん楽しみ!

ですが、どんな服装で行こう、自分だけ浮いたら嫌だな…と多くの方が頭を悩ませると思います。

特に地元や田舎で開催される同窓会では一般的なマナーとは異なるところも多いようです。

そこで田舎の同窓会での失敗談や浮かないためのポイントをご紹介したいと思います!

 

田舎の同窓会での失敗談!キレイめ過ぎて浮いた!?

田舎で開催される同窓会では『思っていたのと違った』『失敗した』と感じる方も多いようですね。

実際に田舎での同窓会での失敗談をいくつかご紹介したいと思います。

 

服装に悩んだ時間がもったいなかった!

居酒屋よりは少しだけ上くらいのランクの地元の割烹で行われた同窓会。

どこまでカジュアルな服装でいけばいいのか悩みましたが、みんな地元のショッピングモールに行く感じの服装でした。

中には部屋着?という男子がいたり、女子もほぼパンツ姿。

男女ともにスーツは皆無で、キレイめにしたりオシャレにしている人が浮いていました。

田舎だからこんな感じだったのか、着ていく服装に悩んだ時間がもったいなかったです。

 

遠方の参加者を見越してオシャレしたら…

卒業以来30年ぶりに集まる同窓会。

私は地元に住んでいるので同級生と町内で会うこともありますが、上京した人に久しぶりに会えると楽しみにしていました。

地元は田舎なので周りはあまりオシャレではないですが、きっと上京した友人はオシャレだろうと自分も目一杯オシャレして臨みました。

ところが会場に入ると普段から町内でよく会う知った顔ばかり…

しかもみんな普段着。

遠方からの参加者はなく、オシャレして行った私は浮いてしまい恥ずかしかったです。

 

想像していた同窓会と違った!

テレビなどの影響で、私の想像する同窓会はみんなドレスを着たり着飾っているものだと思っていました。

私は同窓会の2週間前からドレスやアクセサリーを買い、当日はヘアメイクの予約もとって準備万端!

キメキメで会場にたどり着くとみんな私服で私だけ気合が入った感じになってしまいました

その同窓会は自分の服装ばかり気になってあまり楽しめず…

これから同窓会に行くときは友達と相談して決めたいです。

 

都会で開催される同窓会はホテルならパーティドレス、居酒屋ならキレイめカジュアルな服装が一般的。

しかし田舎となると全然違ってくるんですね。

ドレスアップしたりオシャレして行くと浮いてしまう。

割烹で開催される場合でも部屋着など、かなり緩いですね。

一般的な同窓会を想像して失敗する方も多いようです。

引用サイト:http://www.arikasa.jp/服装関係/dosokai_fukusou/

 

田舎の同窓会 浮かないためのポイントをご紹介!

失敗した!と感じる方も多い田舎の同窓会。

しかしせっかく久しぶりに同級生に会える機会で恥をかいたり、服装が気になって楽しめないのはもったいないですよね。

そこで田舎の同窓会での浮かないためのポイントをご紹介したいと思います。

 

《ポイント1》会場に合わせた服装を心掛ける!

まずは会場に合わせた服装を心掛けること。

これは田舎に限らず同窓会においては基本中の基本です。

ホテルで開催される場合はセミフォーマルやインフォーマル。

居酒屋で開催される場合はキレイめカジュアルが一般的。

ただし田舎の場合はホテルでもややカジュアルなホテルの場合もありますよね。

そんな時はドレスではなくキレイめなワンピースでいいかもしれません。

会場の雰囲気に合わせて臨機応変に対応することが大切です!

 

《ポイント2》事前に友達と確認し合う!

会場の雰囲気に合わせた服装といっても、やっぱり不安は残りますよね。

特に日本人は「右にならえ」の意識が強いので、自分だけ違ったらどうしようと思ってしまう方も多いと思います。

そんな場合は事前に友達にどんな服装で行くのか確認してみましょう。

友達と服装を合わせておけば安心ですよね。

ただし友達にカジュアルで行くと言われたのに実際はドレスで来ていて裏切られたという方もいたのでご注意を。。。

 

《ポイント3》派手な色味は避ける!

明るい色のワンピースなどは華やかだし、シンプルなアイテムでも目を惹きますよね。

自分の雰囲気も明るく魅せてくれるのでかなり重宝します。

しかし田舎の同窓会となると話は別。

地味な色味の人が多いと、浮いてしまう可能性があります。

シンプルなアイテムでも色味があるだけで派手という印象を与え悪目立ちし兼ねません。

なるべくシックな色味の服装を選ぶようにするのが浮かないポイントです。

 

《ポイント4》キメすぎない!

田舎で開催される同窓会の失敗で多くみられたのが、「オシャレしている人が浮いていた」というもの。

田舎では同窓会に気合いを入れている人が少ないみたいですね。

なので、どうしてもわからない時はキメすぎないようにするのが吉!

普段より少しキレイめかな、上品かなくらいの感じで行くのが無難なのではないでしょうか。

 

カモフラージュできるアイテムを持参する!

これは少し荒技ですが、カモフラージュできるものを持っておけば会場の雰囲気を見て対応することができます。

例えばシンプルなキレイめのワンピースを着て行くとします。

そしてカモフラージュできるアイテムとしてパールのネックレスなどのジュエリーとカーディガンを持参します。

会場を見てオシャレしている人が多い場合はパールのネックレスなどのジュエリーをつけて上品にしましょう。

少し地味にはなってしまうかもしれませんが、悪目立ちすることはありません。

逆にカジュアルな人が多い場合はカーディガンを着てカジュアルダウンしましょう。

カーディガンはフォーマルではNGとされるカジュアルなアイテムなので、キメすぎている感を減らすことができます。

キモとなるワンピース選びが難しく荷物も増えてしまうので、最終手段として試していただければと思います。

 

田舎で開催される同窓会で浮かないようにするには、キメすぎないことが大切です。

会場の雰囲気に合わせて、友達と相談し派手な色味を避けていれば悪目立ちすることはないと思います。

地味な服装でもきれいに着こなしている人は不思議とオシャレで魅力的に見えてくるものです!

逆にいくらオシャレしていても似合っていなかったら魅力も半減してしまいますよね。

田舎の同窓会ほど、自分に似合った着こなしがポイントになるのではないでしょうか。

ポイント

・会場の雰囲気に合わせた服装を選ぶ!
・事前に友達と確認し合う!
・派手な色味は避ける!
・キメすぎない!
・カモフラージュできるアイテムを持参する!

 

まとめ

独自のルールも多いといわれる田舎の地域。

同窓会でも一般的なものとは違って、ゆるいところも多いようです。

浮くのは嫌だという方はぜひポイントを参考にしてみてくださいね!

またせっかくの同窓会だからオシャレしていきたいのに…という方。

オシャレは服装だけではありません。

意外と髪やネイルなどが一番大事だったりします!

美容室で髪をトリートメントしてあげるだけで、雰囲気が一気に変わります。

髪がつやつやになれば、見違えるように垢抜けてキレイになるんです。

また上品なネイルやネイルケアをしてあげるだけで指先の印象が変わります。

ネイルをしていない人は指先のケアを怠りがちですが、意外ととっても目につく部分!

細かいところまでケアできている人はそれだけで美しく魅力的です。

田舎の同窓会に参加する際は服装はキメすぎず、それ以外のところに気を遣ってあげるのが楽しむポイントなのかもしれませんね。

-同窓会, シーン別ファッションの悩み

Copyright© 服は買わずに借りる時代!〜ファッションレンタルのすすめ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.